選ばれる理由

専門医との連携


 後遺症の種類によっては、医学的にも診断が難しく、また、自賠責の認定基準が詳細で厳しいものがあります。
 

 そのように、特に認定が難しいケースでは、交通事故の後遺障害の等級認定についての医療調査を専門的に行っている医療調査会社に医療調査を依頼し、認定手続に必要な調査を行ってもらうようにしています

 

 外部の高度な専門機関と連携することで、後遺障害の認定については万全の体制をとっています。

 当事務所は、大分県内の交通事故分野を特化して扱っていることから、大分県内の保険会社や医療機関の情報に精通しています。

 保険会社の対応は、保険会社ごとに傾向がありますが、同じ保険会社でも、地域が違えば傾向が大きく異なります。
 例えば、治療の打ち切りの時期、整骨院への通院治療の可否、示談金提示の水準などは、同じ保険会社でも、県をまたげば大きく対応が異なります。

 当事務所は、大分県内の交通事故に特化していることから、大分県内の保険会社の対応の傾向を踏まえた交渉や事件処理を行います。

 また、大分県内での人身事故を数多く扱っていることから、各医療機関、医師についての情報も多く把握しており、各医療機関、各医師の対応を把握したうえで、医師面談・医療調査などを行います。加えて、各医師ごとの後遺障害診断書をまとめたファイルを作成しており、各医師の傾向を診断書作成の傾向を把握したうえで、後遺障害の等級認定の手続を行っています。

 

大分 地域密着の強み


 交通事故分野については、東京などの大都市に本店を置く事務所への相談や依頼を検討なされている方もおられると思います。

 当事務所は、大分に事務所を構え、大分の交通事故を特化して扱っていることから、県外の事務所に対して、以下の強みがあると考えています。

弁護士との直接の面談や打ち合わせ


 県外の法律事務所の場合、相談や打ち合わせの際に弁護士と直接に会うことが困難な場合が多く、電話やメールなどの方法での相談や打ち合わせとなることが多いことが難点となります。

 事故の状況や現在のケガの症状などについては、直接に会って打ち合わせをしないことには、正確に状況を把握することができません。
 また、対面で相談や打ち合わせをすることによって、より濃密なコミュニケーションを取ることができ、信頼関係を構築しやすいといえます。

 

医師面談や医療調査の実施

 後遺障害の適切な認定のためには、必要に応じて医師面談や医療調査を実施することが不可欠です。image1 (3).JPG

 そのため、当事務所では、必要に応じて、医師面談や医療調査を積極的に行っています。

 この点、県外の事務所の場合ですと、大分県内の医療機関への医師面談や医療調査を行うことが難しくなります。

 

大分県内の保険会社や医療機関の情報に精通

 当事務所は、大分県内の交通事故分野を特化して扱っていることから、大分県内の保険会社や医療機関の情報に精通しています。

 保険会社の対応は、保険会社ごとに傾向がありますが、同じ保険会社でも、地域が違えば傾向が大きく異なります。
 例えば、治療の打ち切りの時期、整骨院への通院治療の可否、示談金提示の水準などは、同じ保険会社でも、県をまたげば大きく対応が異なります。
 

 当事務所は、大分県内の交通事故に特化していることから、大分県内の保険会社の対応の傾向を踏まえた交渉や事件処理を行います。

 また、大分県内での人身事故を数多く扱っていることから、各医療機関、医師についての情報も多く把握しており、各医療機関、各医師の対応を把握したうえで、医師面談・医療調査などを行います。
 

 加えて、各医師ごとの後遺障害診断書をまとめたファイルを作成しており、各医師の傾向を診断書作成の傾向を把握したうえで、後遺障害の等級認定の手続を行っています。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例