【解決事例/012】 大腿骨偽関節14級に対する異議申立で12級を獲得した事例

, , , , ,

相談のきっかけ

 被害者が原付バイクで直進中,加害者運転の対向車が右折したために衝突。被害者は,大腿骨骨折のケガを負い,入院しました。
 被害者は,医者と保険会社から症状固定と言われたため,後遺障害について相談したいと弁護士に問い合わせをしました。

 

当事務所の活動

① 弁護士による後遺障害等級申請
 症状固定後に,弁護士が後遺障害申請を行いました。
 これにより,後遺障害14級を獲得しました。

② 弁護士による「異議申し立て」
 しかし,本件は,12級に相当事案でした。
 そのため,等級の異議申立を行いました。
 その結果,異議申立が認められ,12級が認定されました。

③ 裁判基準での示談交渉
 獲得した12級を前提に,過去の裁判例等の事例を提示し,労働能力喪失率,喪失期間など,裁判基準による示談交渉を行いました。

 

解決金額

保険会社の当初の提示 約400万円
当事務所が関与した結果 約900万円

 

解決のポイント

 異議申立が認められたことが大きいです。
 賠償額は大幅に上昇しました。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~