【解決実績】併合14級を受けた大分の兼業主婦が依頼から2か月で450万円以上の賠償を受けた事例

, , , , , ,

1 事故の発生

 依頼者は大分在住の兼業主婦で,ご主人の経営する飲食店に勤務されている方でした。
 依頼者は,自動車を運転中,後方自動車から追突され,さらに押し出されて,前方の電柱に衝突するという事故に遭いました。
 依頼者は,この事故により,頚椎捻挫・腰椎捻挫・胸部打撲等のけがを負い,約1年間の治療を受けました。

2 相談のきっかけ

 依頼者は,頚椎・腰椎の痛みの残存により,後遺障害併合14級の等級を受けていました。
 依頼者は,通院していた整骨院の先生から「重いケガだし交通事故に詳しい弁護士に相談した方が良い」と言われ,当事務所の紹介を受けました。
 また,依頼者も,当事務所の看板を見たことがあったため,実際に問い合わせたということです。

3 当事務所の活動

異議申立の調査

 依頼者は,まず,「14級という等級は正しいのか」という疑問を持っていました。(頚椎捻挫・腰椎捻挫による後遺障害は,まれに12級と認定されることがあるからです。)

 そこで,弁護士は,依頼者の診断書・後遺障害診断書・等級認定理由書を精査し,12級となり得る可能性の調査から始めました。
 しかし,画像所見(レントゲンやMRIからわかる異常)に乏しく,腱反射テストの結果が「正常」と記載されていたため,12級を目指した異議申し立ては可能性が低いと判断しました。

 弁護士は,以上の調査結果を依頼者に報告し,異議申し立てをするか,14級を前提とした示談をすすめるかを協議しました。
 その結果,依頼者は異議申し立てをしない選択をしました。


損害賠償の請求

 弁護士から保険会社へ,裁判基準による損害賠償の請求を行いました。
 この依頼者は,保険会社から既に一部の休業損害を受け取っていましたが,それは,レストランウェイトレスとしてのわずかな収入をもとに計算されたものでした。
 しかし,兼業主婦の休業損害は,家事労働分と兼業による収入の高い方を基準に算定するのが裁判実務です。
 ですので,弁護士は,上記の裁判基準を説明した請求文書を保険会社に送付しました。
 休業損害の証明は効を奏し,兼業主婦の休業損害として,140万円以上を引き出しました。


4 当事務所が関与した結果

  賠償金はいずれも裁判基準で,極めて高い水準での示談が成立しました。
 しかも,示談の成立は,依頼からわずか2か月足らずのスピード解決でした。

休業損害(兼業主婦として) 約140万円
入通院慰謝料 約130万円(裁判基準)
後遺症逸失利益 約76万円(裁判基準)
後遺症慰謝料 110万円(14級の裁判基準)
合計 約450万円



5 解決のポイント(所感)

 このケースで総額が大きなものとなった理由は,①治療期間が長期にわたる重いケガであったこと,②休業損害の交渉に成功したことの2点です。
 また,依頼から2か月での解決になったのも,事件初期の段階で,丁寧な請求文書を相手に送付できたためと思われます。
 ただし,相手保険会社の担当者が上席クラスの方であったことも大きく影響していると思われますので,その意味では特殊なケースです。

 異議申し立てについては,見込みがうすく残念でした。
 当事務所では,異議申し立てや訴訟をやる,やらないの選択は,当然ですが依頼者の方に決めていただきます。
 もちろん,異議申し立てや訴訟をやるメリット・デメリットや見込みについては弁護士から十分説明を致します。

 

6 お客様の声

 この依頼者の方からアンケートをいただいています。




 

関連リンク

>>Q&A 交通事故で主婦(主夫)の休業損害はどのように扱われるのですか?

>>Q&A 交通事故で兼業主婦の休業損害はどのように扱われるのですか?




0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例