【解決事例/021】給与所得ではなく主婦休損の請求に成功した解決事例

, , ,

依頼者属性

性別:女性

年代:40代

職業:会社員

 

事故態様と相談

事故場所:大分市

事故状況:追突事故

相談のタイミング:相手保険会社との示談交渉中

相談のきっかけ:他の弁護士事務所に相談していたが,セカンドオピニオンがほしいと考えて,当事務所に相談にきた。

 

怪我と後遺障害

傷病名:腰椎捻挫

自覚症状:腰痛,両肩甲部痛,右手の痺れ,右手の握力低下

後遺障害等級:14級9号

 

保険会社提示額

損害項目:保険会社提示額

金額:144万円

備考:自賠責後遺症75万円,治療費等134万円既払い済み

 

獲得賠償金額

損害項目:最終受取金額

金額:200万円

 

担当弁護士の振返りポイント(田中)

 慰謝料の増額を希望されてご来所されました。相談をお受けする中で、休業損害証明書に記載された給与所得(平均賃金以下)で休業損害が補償されていましたが、本来であれば主婦休損(平均賃金)が発生する可能性が高い事件であることが判明しました。

 

そこで、家事の状況等を詳細に聴き取った書面を作成し、保険会社に請求したところ、主婦休損の支払を受けることができました。ご本人様がお気づきでなかった利益が発生し、非常にご満足いただけた事案でした。

 

※個人が特定されない範囲で内容を加筆修正しています。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~