【解決事例/025】後遺障害等級認定のために手を尽くした事案

, , ,

依頼者属性

性別:女性

年代:30代

職業:主婦

 

事故態様と相談

事故場所:大分市

事故状況:追突事故

相談のタイミング:事故から約2週間後

相談のきっかけ:整骨院からのご紹介

 

怪我と後遺障害

傷病名:頚椎捻挫・腰椎捻挫・手指振戦

自覚症状:頚・腰・肩の痛み・両手足の痺れ等

後遺障害等級:非該当

 

保険会社提示額

損害項目:保険会社提示額

金額:保険会社の事前提示なし

備考:(保険会社が金額を提示する以前に弁護士が介入したため)

 

獲得賠償金額

損害項目:最終受取金額

金額:211万円

 

担当弁護士の振返りポイント(田中)

 事故後すぐに御依頼を頂き、解決まで数年を要しました。通院期間が通常のムチウチの被害者の方に比べると長く、症状固定後に等級認定申請が非該当となり、異議申立ての手続等を行っています。
 結果的には異議も認められなかったため、後遺症に関係する示談金を受け取ることはできず、成功事例とは言い難いです。ただ、等級が認められる可能性があったため、時間はかかっても手を尽くした事案ともいえます。
 残念な面もありましたが、依頼者からは「弁護士がやるだけのことはやった」というご理解を頂けたと思います。

 

※個人が特定されない範囲で内容を加筆修正しています。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~