【Q&A】 交通事故で主婦の休業損害はどう扱われるのですか?


Q 交通事故で主婦の休業損害はどう扱われるのですか?

A 主婦(主夫)も休業損害は存在し女性平均賃金をもとに算定されることが多いです。

 

1 主婦(主夫)にも休業損害はある

 一般に,交通事故でケガをして,仕事が出来なくなって収入が減った場合,減った分を「休業損害」として加害者や加害者の保険会社に請求することができます。
この点,主婦,とくに専業主婦には,収入がありませんから,「休業損害」は発生しないかに見えます。

しかし,家で,家事をしている人でも,「誰か(家族など)のために家事をしている人」には,実は休業損害が発生するのです。
家事労働も,人に頼めば費用が発生するのと同様に,「主婦が家事をしていることで家事労働分の支出を免れている」のだから,主婦の家事労働も経済的なプラスのある労働と考えることができるのです。

 

2 主婦の休業損害額の計算方法

 では,主婦の休業損害は,いったいいくらくらいになるのでしょう?
結論から言うと,弁護士や裁判実務では,「女性平均賃金」(女性の平均年収を365日で割ったもの)を用いて算定しています。この金額は,事故の発生した年度にもよりますが,日額9000円強くらいです。
※この点,兼業主婦は,「女性平均賃金」と「実際の収入」を比べて高い方を基準に算定します。)

しかし,注意が必要なのは,保険会社は,この基準を用いるとは限らない点です。
たとえば,自賠責の支払い基準においては,主婦の休業損害は,原則として日額5700円で算定されます。
したがって,保険会社が提案してくる主婦の休業損害額は,ちゃんと計算式をチェックする必要があります。

 

3 主婦の休業損害の証明は難しい

 では,日額はわかったとして,何日を掛けるのでしょうか?

これは,実はとても難しい問題があります。
たとえば,主婦が交通事故でけがをして,合計10日通院したとします。
しかし,その主婦は,通院日に全く家事をしないということはありません。通常は,病院から帰って食事の支度をしたり,掃除をしたりすることが多いです。
また,病院に行っていない日は完全に家事ができるでしょうか?ケガの痛みなどのため,十分な家事ができないこともあるはずです。(もっとも入院の場合は,全く家事ができませんから入院日数を掛けて計算します)。

主婦の休業の算定,すなわち,「主婦がけがによってどれくらい家事が出来なくなったか」は測ることが難しいし,その証明も困難なのです。
したがって,主婦の休業損害の算定は,推測・概算に頼らざるを得ず,被害者だけでなく保険会社も苦慮することがあります。算定に疑問を持った場合には,いちど弁護士の意見をうかがうことが良いでしょう。

 

4 主夫の場合の問題点

 以上の理論は,男性の主夫の場合でも当てはまります。
しかし,保険実務をみると,保険会社が男性被害者を家事労働者(主夫)と認めて,積極的に休業損害を支払うということは,まだまだ少ないケースです。
これは,主夫と言う生活様式が,定着していない頃の名残があるためと思われます。
なので,家族のために家事をする主夫が,単なる「無職」であると扱われるケースもあります。
交通事故にあった主夫の方で,休業損害の算定を受けていない方は,一度,弁護士に意見をうかがってみましょう。

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例