【Q&A】車の物損で,事故歴が付いたことで車の価値が下がるのが心配です。相手に請求できませんか。


Q 車の物損で,事故歴が付いたことで車の価値が下がるのが心配です。相手に請求できませんか。

A 評価損という損害が請求できることがあります。

 

評価損とは?

交通事故により,自動車が傷ついた場合には,被害者は,加害者に修理費を請求できます。
しかし,修理をして,外見はきれいになったように見えても,事故歴によって,中古車としての商品価値が低下することがあります。
 この商品価値の低下を,評価損と言います。

 

評価損が認められる場合,認められない場合

 しかし,すべての交通事故で,評価損が認められるわけではありません。
 結論から述べますと,裁判上,評価損は,
①骨格部分や走行性能,安全性能にかかわる部分に影響が及んでいる可能性がある場合に発生し,
②そうでない場合は,初年度登録からの期間,走行距離,損傷の部位,車種の人気などを念頭に評価損があるかを検討する
 ということになっています。
 評価損は,その車の新しさやプレミアムによって発生するかどうかが変わってくるのです。

 

裁判例の傾向

 現状の裁判では,
①外車であれば,初年度から5年以上(走行6万キロ程度),
②国産車であれば,初年度から3年以上(走行4万キロ程度)
の自動車には,評価損がつかない傾向があります

  実務感覚では,評価損が発生しているかどうかは,とくに新車にどれだけ近いか,とか,所有することがプレミアムを生む車と言えるかどうか,というところが重視されているように思います。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例