【Q&A】 医師面談とはなんですか?


Q 医師面談とはなんですか?

A 弁護士が医師に直接会い,治療状況や後遺症の資料を集めることです。

 

 交通事故事案を弁護士に依頼した場合,弁護士が,被害者の主治医の方に会いに行くことがあります。

1 医師面談の目的

面談の目的は様々ですが,以下のようなものです。
 
① 被害者のけがの状況を確認する。

② 被害者の後遺症を裏付ける医証(医学的な証拠)を手に入れる。

2 医師面談の必要性

(1) けがの状況の確認
 
 保険会社との間では,しばしば,治療の終期や働ける状況かどうかといった点で意見が食い違います。
 被害者としては,まだ治療したい,働ける状況にない,と思っていても,保険会社が治療は十分である,すでに就労可能であるとして,治療費や休業損害の打ち切りを提案してくることがあるのです。
 
 そのような場合,もっとも重要視されるのは医師の見解です。
 弁護士は,主治医に治療の見込みを確認し,あるいは証明してもらって,適切な治療が継続できるようにするのです。
 もっとも,医師の見解としても,治療が十分であると言う場合には,治療の延長は難しくなります。
 
(2) 後遺症を裏付ける医証
 
 後遺障害の等級は,自賠責の機関(損害保険料率算出機構)が判断します。
 しかし,この機関は基本的に書面と画像(レントゲンやMRIのこと)審査しか行いません。
 ですので,まったく同じ症状の人でも,きちんと症状が診断書等に書かれている人と,そうでない人では,等級がついたり,つかなかったりすることがあり得ます。
 医師は,治療のプロですが,自賠責保険や等級という制度のことを知っているわけではないので,仕方のないことなのです。
 
 したがって,後遺症が残存した場合には,自賠責の機関が判断しやすいよう,ポイントを押さえた書面があることが重要です。
 そして,そのような書面がない場合には,医師面談によって,被害者の症状や治療経過を確認し,証明してもらって書面化する必要があるのです。
 
 
 医師面談は「適切な治療を継続する」,「適切な等級を得る」ために必要になってきます。
 これらの目的を達するためには,保険の知識はもちろん,後遺障害認定の知識が必要です。

 交通事故事案を弁護士に依頼するのは,このようなメリットもあるのです。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例