【Q&A】 交通事故では兼業主婦の休業損害はどう扱われるのですか?


Q 交通事故では兼業主婦の休業損害はどう扱われるのですか?

A 兼業の収入と女性平均賃金を比較して高額な方を基準に算定することが多いです。

 

1 主婦の休業損害

 収入を得ていない専業主婦(=家族のために家事をしている人)にも,「休業損害」が発生して,それは女性平均賃金をもとに計算するのが原則です(クリックで別ページQ&A)。
では,家事もしているし,仕事もしているという「兼業主婦」の休業損害はどうやって計算するのでしょうか。

結論から言うと,「兼業による収入」と「家事労働の評価=女性平均賃金分」を比較して,高い方を兼業主婦の日額収入と考えるのが裁判実務です。

家事と労働を行っているのだから,「家事労働と兼業による収入を合計した金額」を日額にするという考えもありましたが,少数説です。
兼業をしている以上,家事も専業主婦と全く同様にはできないはずであるとの考え方から,「どちらか高い方」を採用する考え方が主流です。

 

2 兼業主婦の休業損害の現状

 上記した,女性平均賃金とは,例えば平成26年では,年額364万円程度です。
兼業主婦の多くはパート・アルバイトですから,年額364万円の収入を得る兼業主婦は圧倒的少数です。
したがって,兼業主婦の休業損害は,女性平均賃金=年額350万円をもとに算定されることが多数となります。



しかし,保険会社の中には,「兼業主婦の休業損害は兼業と家事分の,高い方を採用する」ということを教えてくれないこともあります。
ですから,保険会社は,兼業主婦の休業損害を,実際の収入をもとに,低い金額で提示してくることがあるのです。

したがって,保険会社の休業損害の算定は,計算式をよく確認する必要があります。


自分の休業損害の算定に疑問を持った方は,弁護士に相談してみましょう。


 

 

関連リンク

【解決実績】14級を受けた兼業主婦が依頼から2か月で450万円以上の賠償を受けた例

 

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例