【Q&A】治療費が打ち切られそうなときはどんな対応をとるべきですか?


Q 治療費が打ち切られそうなときはどんな対応をとるべきですか?

A 保険会社に,医師を通じて治療の必要性を理解してもらうことが肝要です。

 

保険会社からの「治療費打ち切り」

 まず,保険会社はケガの内容・通院頻度・治療内容・事故状況などの観点から,治療の打ち切りを提案してきます。
 例えば,交通事で良くあるケガのうち,打撲は1ヶ月・むちうちは3ヶ月・骨折は6ヶ月が目安と言われています。

 次に,保険会社は診断書に書かれている治療の内容が「漫然治療」になっていると,打ち切りの目安になります。
 漫然治療とは,その治療をすることで症状が良くなるのではなく現状維持するための治療の事を言います。
 例えば,リハビリ内容がマッサージのみだったり,ビタミン剤や湿布のみの処方だったりするケースをいいます。

 

 

「治療費打ち切り」に対する対処法

 では,治療費の打ち切りを提案されてしまった場合,どうすべきなのでしょうか?
 結論としては,ケガが治癒していないこと,治療を継続することで症状の改善が期待できることを保険会社に理解してもらうことです。
 保険会社の担当者と話す際に,自分で伝えてもいいですが,最も重視されるのは主治医の先生の意見です。
 保険会社担当者には,主治医の先生を通じて,少しずつだが症状は改善されていることを認識してもらうことが肝要です。

 

 診断書の記録や,主治医の先生の意見をうかがって治療の継続交渉を行うのもの弁護士の仕事です。(>>医師面談とはなんですか?

 もし保険会社との話合いがうまくいかない場合は,早めに弁護士に相談する事をおすすめします。

 

 

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例