【Q&A】治療には健康保険を利用した方がよいのですか?


Q.治療には健康保険を利用した方がよいのですか?

過失が大きい場合や長期療養の場合は健康保険にメリットが発生することがあります。


1 健康保険利用による治療費の軽減


事故について,ご自身にも過失がある場合には,健康保険を利用するメリットがあるケースがあります。
 被害者に少しでも過失割合がある場合,治療費についても被害者は負担しなくてはならない部分が発生します。

 したがって,治療費を安くすることで,被害者自身の治療費負担を小さなものにすることができるのです。治療行為は点数制になっていて,総点数×単価=治療費となります。
健康保険の場合,単価は一律
10円です。一方,健康保険を適用しない場合,自由診療となり単価は12円~25円程度となります。
 最低でも治療費は20%以上高くなり,その分だけ過失割合があれば被害者の負担が増えてしまうというわけです。

 

2 治療期間の確保について

 交通事故被害者に支払われる賠償金は,加害者が加入する自賠責保険と任意保険の両方から支払われます。
 しかし,まずは自賠責保険から使われていき,限度額(120万円)を超えると任意保険が使われます。
 任意保険会社にしてみれば自賠責保険の範囲で示談できると,自社の手出しがなく済むので,その範囲内で収まることが理想的だと考えます。

そこで,被害者が健康保険を使用すると治療費が節約でき自賠責保険からの支払いを長く続けることができます。
 言い換えると,被害者は長く治療に専念できるようになるわけです。

この効果は意外と大きく,特に,後遺障害が残るケースでは治療期間は当然長くなり,後遺障害の立証のためには検査費用も時間もかかることから治療期間を長く確保することは大変重要な意味を持ちます。

 

3 健保使用のデメリット

 反面,健保治療の場合は,自由診療に比べて,受けられる治療の幅が限定されます。
 しかし,このデメリットは,近年改善されてきており,健康保険使用でも十分な治療を受けられることが多くなってきています。

健保使用はケガを治すことはもちろん,慰謝料や後遺障害の等級認定にも関わる重要な要因になりえます。健康保険を使用すべきか否かは,弁護士に相談してみましょう。

0120-367-602 受付時間 09:00〜17:30

メールでのご相談はこちら

交通事故無料相談会

日程2017.08.09

開催事務所内会議室

 

出張相談対応中

最新 解決事例のご紹介 ~全ての被害者の方が ご納得のいく賠償を実現したい~

  • 頭部・脳

         解決事例  代表的事例

  • 顔面・目耳鼻口

          解決事例   

  • 肩・鎖骨

           解決事例  

  • 腕・肘・手

           解決事例  代表的事例

  • 腰・腰椎

        解決事例  代表的事例

  • 胎盤・内臓

        解決事例